オリジナルTシャツ作成で自分のアイデアを活かす法則

一からデザインして

クラスTシャツを持っているという方も近年では多くなってきていることでしょう。最近では学校でもこのTシャツを作るというイベントがあり、年間を通して催事がある時はクラスTシャツを着て参加するということが多くなってきています。

革の魅力

革の魅力といえば経年劣化によって魅せ方が変わってくるところでしょう。そのため革製品が好きな方も多いです。革のはぎれなどは安くで購入することができ、自分で革製品を作るときなどで重宝します。

団結するために

インターネットを活用する事で自宅周辺のショップを探すこともできますが、ネットショップを利用する事で自分の好きなデザインを作ることも出来ます。ネットショップをうまく活用してユニフォームを手に入れましょう。

要望を取り入れて

自分の好みを大胆に反映させたオリジナルTシャツを作ることが出来ます。自分の持つ個性やセンスといった物を活かす事で、他にはないオリジナルなTシャツを作る事が可能なのです。

Tシャツを作る

こだわった焼きそばを作りました

学生時代の思い出といえばたくさんあると思いますが、私は大学生活の中で一番印象に残っているのは文化祭です。文化祭と言えばお店を出してお金を稼ぐというのが大学生の楽しみ方だと思いますが、私たちのサークルでもお店を出す事にしました。何を作ろうか悩んだのですが中々答えは出ませんでした。カキ氷には時期が少しずれていますし、たこ焼きや焼きそばなどのメジャーなものはライバルが多そうです。全く話が進まないまま1週間ほどすぎて、誰かが言ったアイデアが採用されて焼きそばを作ることになったのです。ただの焼きそばではなく、素材にこだわった焼きそばを作ることになったのです。店の名前は、素材を極めたという意味で「極」にしました。

Tシャツが良かったのだと思います

店員たちには店の名前の「極」という字と店の場所が印刷されたTシャツを着てもらうことにしたのですが、そのオリジナルTシャツをオーダーして作成してもらうことにしました。自作する事も考えたのですが時間を考えると作成業者にお願いする事にしたのです。色々な業者を探してみましたが、どこも相場は2000円から3000円くらいです。革やはぎれなどの素材を使ってオリジナルの小物を作ることもでき、業者の中にはサッカーユニフォームを作成する業者もありました。 Tシャツの相場が2000円から3000円だと、自分たち専用のTシャツを作成してもらうにはとても安い料金だと思いました。 文化祭は4日間出店しましたがとても売れ行きが良かったです。現在費がかなり高く質の良い材料を使ったため1食あたりの儲けは低かったのですが、数を売る事により、かなりの利益があったのです。 思えばTシャツにインパクトのある文字と店の場所を書いたことが良かったのだと思います。オリジナルTシャツを作成したおかげだと思っています。